運転免許の取得方法

運転免許の取得方法について

Category: 未分類

合宿免許の利点

Pocket

運転免許を取るのにネックになりがちなのが、教習所通いです。教習所はいつまでもダラダラと通うことができず、卒業までの期限が限られています。入学から9カ月以内に教習を終わらせないと、それまでの教習が無効になってしまうので注意が必要でしょう。

とは言っても、忙しい日常を送っている大人にとって、教習所通いのために時間を取り分けるのは簡単ではありません。うっかりしているとあっという間に何か月も経ってしまうものです。実際、期限切れになってしまって免許を取りそびれた、という人もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが合宿免許です。普通免許の場合、14日~16日のまとまった時間が必要になりますが、それさえクリアできれば合宿免許はいいことずくめです。何か月もダラダラと通うのではなく、短期間で集中して教習を終え、後は日常生活に戻りましょう。

合宿免許の利点は、短期間で教習を終了できることだけではありません。一般に、教習所に通学するよりも安い金額で通えるというメリットがあります。それに、旅行ツアーや温泉がセットになっているプランも用意されているため、気分転換を兼ねて免許が取れるのも魅力。免許を取りそびれているなら、この際合宿免許を検討してみるのはいかがでしょうか。

参考サイト・・・免許の匠_合宿免許情報サイト

免許センターでの試験

Pocket

教習所を卒業したら、いよいよ免許センターに足を運び、最終試験を受けることになります。教習所の卒業証書は、期限が1年と決められているので、必ず期限以内に免許センターに行くようにしましょう。期限を過ぎると、教習所での苦労が水の泡になってしまうので、どんなに忙しくてもここは注意したいところです。

試験会場は自分で選ぶのではなく、自分の住民票に記載されている住所に該当する免許センターに行く必要があります。本試験というと少し緊張します。ここでは、免許センターでの最終試験についてお話します。

免許センターでは、簡単に視力や聴力を調べる適性検査を行います。それに通過すると、学科試験を受けることができます。学科試験は、文書問題が90問(1問1点)、危険予測のイラスト問題が5問(1問2点)で構成されています。制限時間は50分間で、〇×式で回答します。100点満点中90点以上で合格。合格率は72%と、難易度はそれほど高くありません。

試験に合格すればその日が免許取得日となります。こうして、念願の自動車を運転できるようになります。最初の1年間は初心者マークをつけ、慎重に運転しましょう。その後も引き続き事故に気を付け、慎重にドライブライフを楽しみたいでしょう。

教習所を卒業する

Pocket

取得する運転免許の種類を決めたら、次は教習所に通って教習を受け、卒業して卒業証書を受け取ります。教習所に通わず、直接免許センターに行って試験を受けるという方法もありますが、難易度が大変高いのでこの道を選ぶ人は大変少なくなっています。なんといっても、一発で受かることはほとんどないので、受かるまで受けているうちに試験費用が跳ね上がってしまい、一発試験の利点がなくなってしまうでしょう。

教習所では、視力検査や聴力検査などの適性検査を受けるところからスタートします。それに合格したら、第一段階の教習が始まります。学科講習、技能講習を決められた時限数を受けたら、見きわめ、仮免効果測定が行われます。仮免学科試験に受かったら、第二段階の教習に進みます。第二段階ではいよいよ路上を走れる楽しみがあります。

第二段階も、決められた時限数の学科講習、技能講習を受けたら、みきわめ、卒検前効果測定があり、いよいよ卒業検定、路上検定に受かれば卒業となり、卒業証書が交付されます。これで運転免許センターに行き、最終試験となります。

教習所での教習を終えるためには、教習所に通学するか、住み込みで教習を受ける合宿免許を申し込むかのどちらかになります。それぞれにメリットがあるので、比較検証して自分に合ったものを選びましょう。

取る運転免許を決める

Pocket

免許取得の第一歩は、取得する運転免許を決めること。まず知っておかなければならないのは運転免許の種類です。運転免許の種類は平成29年3月に改定され、準中型免許というのができました。その辺も踏まえて、運転免許の種類についてお話したいと思います。

運転免許には一般的な目的で運転する第一種免許と、旅客車両を運転できる第二種免許があります。ここでは、第一種免許に絞ってお話します。第一種免許には、原付き免許、小型特殊免許、普通二輪免許、大型二輪免許、大型特殊免許、普通免許、準中型免許、中型免許、大型免許、けん引免許の10種類があります。

この中でポピュラーなのは原付き免許、普通二輪免許、普通免許といったところでしょうか。それ以外の免許は、日常生活での便宜のためというより、仕事で必要、あるいは運転が好きな人が趣味感覚で取得するケースが多いです。

運転免許には上位免許と下位免許があります。上位免許は下位免許を兼ねることができます。つまり、普通自動車免許を持っている人は、その免許で原付きや小型特殊自動車が運転できるということです。できるだけ上位の免許を取得することで運転できる範囲が広がるので、免許を取るさいの参考にしましょう。

冒頭で触れた準中型免許は、持っていると車両総重量7.5トン未満の自動車を運転することができます。将来的に2トントラックを運転する可能性があるなら、最初から準中型免許を取得しておくという手もあります。免許の取得を考えているなら、今後の可能性も踏まえたうえで、取る免許の種類を選びましょう。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén